お知らせ・コラム

コラム

PETボトルリサイクルプロセス

PETボトルをリサイクルするためには、ボトル本体・キャップ・ラベルと素材別に分離する必要があります。しかしながら、この分離と素材ごとの処理が最も手間のかかるプロセスなのです。アイレックス株式会社では、独自の設備によって、お客様からお持ちいただいたPETボトル混合品を素材別に分離し、リサイクルしやすいペレットに加工しています。

PETボトルリサイクルの設備

PETボトルリサイクルプロセスを紹介しましょう。

1.お客様からのPETボトル混合品が設備に投入します。

この時点ではPETボトル本体・キャップ・ラベルも分別されていません。このままの状態でも機械が自動で分離してくれるのです。

2.PETボトル混合品を細かく粉砕し、素材別で比重分離をします

この時点ではまだPETボトル本体・キャップ・ラベルのフレークが混合している状態です。粉砕された混合品を比重によって分離を行い、それぞれ脱水・乾燥をしていきます。

3.PETとキャップから、ラベルを分離します

素材別に脱水・乾燥まで進んだあと、PETとキャップからラベルを分離します。

分離後のPETフレークとキャップ粉砕品です。

4.それぞれの素材がペレットに加工されます

最終的には3種類のリサイクルペレットになりました。リサイクルペレットは、さまざまなプラスチック製品の原料として使用されます。

リサイクルされたPETボトル混合品の活用方法

リサイクルされたPETボトル混合品はブルーシートや遊歩道のステップなど、幅広い製品に使われており、さまざまな製品に生まれ変わります。

アイレックス株式会社では、お得意先様からPETボトル混合品を受け入れているだけではなく、リサイクル設備の販売も行っております。ご興味をお持ちの際は、ぜひお気軽にご連絡ください。

一覧へ戻る >