お知らせ・コラム

コラム

天然ガスが価格高騰中!冬の節電方法を解説します

電力や都市ガスの供給に欠かせない液化天然ガスの価格が高騰中です。これによって、今冬の電気料金の値上げや電力不足が懸念されています。天然ガス価格高騰の理由と、今冬におすすめしたい節電対策をご紹介します。

天然ガスの価格が高騰する理由

天然ガス(LNG)価格高騰の要因、それは中国です。中国が多く購入することで、LNG価格の高騰が起きています。

従来、石炭を使って火力発電を行っていた中国ですが、最近天然ガスを使っての発電へ移行してきました。天然ガスでの火力発電は石炭よりも二酸化炭素の排出を抑えられるというメリットがあります。天然ガスを使用することで脱炭素を進めようとしているのです。

懸念される電力不足&電気料金値上げ

日本は電力の8割以上を火力発電によってまかなっています。火力発電のうちの22.4%はLNGが燃料です。(※)このため、天然ガスの価格高騰は日本の電力事情にも大きな影響をもたらします。

日本の電力会社10社では2021年11月の電気料金を値上げすることを決めています。しかも、値上げ幅は10月と比較して10%超です。東京電力・関西電力・九州電力では、12月の電気料金も値上げすると発表しています。

電気料金の値上げは家計に厳しいものですが、電力不足によって電気が使えなくなることも困った問題です。これから寒さが厳しくなる季節に電気が使えなくなると、体調を崩す可能性もあります。

※出典:経済産業省資源エネルギー庁「エネルギー白書2021

冬の節電方法

電気料金の値上げと電力不足の対策として、上手に節電することが大切です。冬に有効な節電方法をいくつかご紹介します。

・エアコンはサーキュレーターや扇風機と併用して、暖かい空気を循環させる

・エアコンのフィルターや室外機はこまめに清掃する

・体感温度を効率よく上げられる、こたつやホットカーペットを使う

・冬の間冷蔵庫の設定温度は「中」か「弱」にする

・厚手のカーテンや隙間テープなどを活用して、室内の暖気を逃さない

・加湿することで体感温度を上げる

少しの工夫で電気代を節約することは可能です。本格的な冬がやって来る前に、寒さ対策をしておきたいですね。

一覧へ戻る >